安く大量生産する手段

紙袋

紙袋は印刷してから立体的な構造を作らなければならないため、大量生産をするときには専門業者に発注するのが良い方法です。機械生産により単価を下げているのが特徴であり、大ロットのものを海外で生産してもらうとさらに安くなります。

業者を選ぶポイント

男の人

ビジネスで初対面の人と挨拶をするときには、名刺は必ず必要なアイテムです。自宅でも名刺作成は可能ですが、仕上がりの面から言えば業者に頼んだ方がベストです。名刺作成業者を選ぶときは仕上がりの質だけではなく、コストや納期もチェックすることをおすすめします。

パンフレットなどの作成に

色見本

ネット注文での流れ

中綴じ印刷は二つ折りにした紙を中心で重ねて、中央をホチキスでとめた製本のことです。一般的な無線綴じの本と違い、ページを根元まで開くことができることから、見開きのレイアウトに最適な方法となります。ホチキスで留めるのでページ数が多いのは中綴じ印刷ができませんが、少ないページ数で必要な情報を纏めることができることから、会社案内や情報量の多いパンフレットなどに向いています。中綴じ印刷を依頼するには印刷業者を探すところから始まりますが、近年ではネット注文が可能となっているので、短時間でスピーディに注文をすることが可能です。注文の基本的な流れは印刷する用紙を選択し、数種類ある仕様から希望のものを選択します。次に印刷に必要なデータを入稿し、問題がなければ印刷が開始されます。この印刷に必要なデータは各会社によって異なるので、注文する前にどのデータ形式が利用できるか確認しておきましょう。中綴じ印刷のデザインは基本的に外部に委託するか自分で作成することになりますが、印刷するサイズを予め決めておかなければいけません。印刷会社によっては変形サイズでも可能ですが、対応できないものもあるため、注文する前に確認しておかなければいけません。納期についてはネット注文ではスピード印刷が主流で、データ入稿さえできればすぐに作業を開始してもらえます。印刷する枚数にもよりますが、早ければ3営業日で出荷、変形サイズなどオプションを選択すればプラス1営業日程度で完了します。

効果的な宣伝

ファイル

ノベルティを活用すれば、効率的な宣伝が可能となります。ノベルティの中でもクリアファイルが人気となっています。安価で制作できるだけでなく、ノベルティをもらう顧客としても使い勝手がいいからです。まずは制作業者に問い合わせてみましょう。